鎮魂ライブ 2017年1月7日(土)

1月7日、今年初めての鎮魂ライブ(リアル鎮魂会)に参加させていただきました。鎮魂ライブは8月から毎月参加させていただいていたのですが、先月は白川学館のお作法確認講習と重なってしまい参加できませんでした。そのせいか自宅での鎮魂が少し弱くなっている感じだったので喜び勇んで会場に向かいました。

白川学館入門講義(第7回)の感想など

白川学館入門講義の第7回を学ばせていただきました。 入門講義は全12回の講義を1年以内に終了しなければなりません。最初は1年もかかることはないだろうと思っていましたが、いざテキストを読んでみるとなかなか難しく、毎月1講義を終了させるのも困難な状況になってしまいました。今、年末年始を使ってどうにか遅れを取り戻そうとしているところです。第7回講義の内容は、「神道の霊魂観」です。

ロゴスタディ・ベーシック(第6回)の感想など

ロゴスタディ・ベーシック第6回のテーマは五階層思考の3回目として「階層間移動」でした。階層間移動は悟りの真理でもあります。言霊で現実創造出来るということは階層間移動が出来ているということとイコールです。現実創造出来ていないのであれば、階層間移動が出来るようになる必要があります。

鎮魂5か月目にして掴んだ「スッと軽くなる」

今年8月から毎日自修鎮魂をさせていただいており今月で5ヶ月目になります。5ヶ月目でようやくミスター鎮魂・石原さんが仰る「スッと軽くなる」体感が得られました。祓いと鎮魂に極まるという意味も自分なりに腑に落ちるようになってきました

白川学館入門講義(第1回)の感想など

先日より白川学館入門講義を学ばせていただいています。和の成功法則ザ・ワープ2期から入った私ですが、最後は結局、白川学館に行き着くことになります。ワープは入口としては素晴らしいですが、だからといってずっと玄関に立っているわけではありません。玄関を通って白川という母屋に入らせていただきましょう。

意識が全てを創造していると言うけどそんなふうに思えません

ロゴスタディでは根底に流れるテーマとして「意識が全てを創造している」と学びます。しかしそう言われても、物質とか、他人がどう行動するかなど、とても自分の意識が創造していると思えないことは少なくありません。意識が全てを創造しているというのは一体どういうことなのでしょうか?