祓い一覧

大祓(ひらがな全文)

「大祓詞 ひらがな」というキーワードで検索されている方があることがわかりましたので、このサイトでも大祓のひらがな全文を掲載させていただきます。

大祓(おおはらい)の覚え方

お祓いとは、白川伯王家の4つの祓詞を奏上させていただくことです。白川伯王家の4つの祓詞は、ロゴストロンの必須ファイルである「交響詞」の中身でもあります。白川伯王家の4つの祓詞:三種祓(さんしゅのはらひ)、身禊祓(みそぎはらひ)、大祓(中臣祓)、一二三祓(ひふみのはらひ)。ここでは、一番長い大祓の覚え方についてお話していきます。

お祓いをする理由は「ロゴストロンを使いこなすため」でもある

和の成功法則ザ・ワープインテグラルの無料動画を少し見ました。デジタルを最大限にアピールした内容でした。しかし、デジタルがあるのに自分でお祓いをする理由は「ロゴストロンを使いこなすため」でもあります。お祓いを行う2つの理由についてお話しします。

瀬織津姫にあこがれて

大祓詞にはストーリーがあります。ストーリーを知ることで大祓は身近になり覚えやすくなります。ストーリーを覚えて日々のお祓いを淡々と続けさせていただきましょう。

さよならボーカロイド祓詞

毎日流していたボーカロイドとお別れの日がやってきました。ロゴスタディ・ベーシック第5回で、結界作法について学んだからです。結界作法はお祓いを奏上する前に行う、神と人の間に境をつくる作法です。

ロゴストロンがあるからお祓いしなくてもいいじゃん

最初はやらない方向で考えていました。ロゴストロンには、自分で作成したファイルを発信する場合でも必須で発信しなければならないファイルがあります。その必須ファイルのひとつが「交響詞」です。交響詞の中身は、三種祓、身禊祓、大祓(中臣祓)、一二三祓という白川伯家神道の四つの祓詞です。ロゴストロンのスイッチさえ入れておけば、自分でお祓いを奏上するのと同じ内容が1秒8文字のスピードで発信され続けます。