ロゴストロンによる願望実現の結果はなぜ人によって差が出るのか?

ロゴストロンによる願望実現の結果はなぜ人によって差が出るのか?
(Photo credit: ™ Pacheco via Visualhunt / CC BY-ND)

ロゴストロンを使用しても願望実現の結果は人により差が出るようです。

他の人は結果が出ているのに自分は結果が出ないと悩む人も少なくありません。

人によりロゴストロンによる願望実現の結果に差が出る理由についてお話します。

そもそも結果とは何か?

結果には以下の3種類があります。

  • 存在の結果
  • 行動の結果
  • 物質の結果

3種類の結果を実現しやすい順に並べると次のようになります。

◎存在の結果
○行動の結果
△物質の結果

物質の結果は一番実現が難しくなります。

結果が出たという人も、結果が出ないという人も、自分がどの結果のことを言っているのかを明確にしておくことが必要になります。

「存在の結果」が出たという人と、「物質の結果」が出ないという人では話がかみ合わなくて当然です。

病気の人の場合

3種類の結果を病気の人を例に説明すると、

存在の結果

病気を認める・受け入れる

行動の結果

最適な生活習慣に改善する
最適な医師や医療機関を見つける

物質の結果

病気が治る

このような構造になります。

この例であれば、物質の結果である病気が治って初めて「結果が出た」と認識する人がほとんどだと思いますが、結果はそれだけではないのです。

効果と結果は違う

もうひとつ、クリアになっていない人が多いのが、効果と結果は違うという点です。

ロゴストロンは意識進化のための高速学習装置であり、その効果は使用者の意識進化です。

意識が進化するというロゴストロンの「効果」は万人に共通なのです(過去の自分より意識が進化するという意味で、全員同じ意識になるという意味ではありません)。

一方、願望実現の結果は、人それぞれ望むものが異なるのでひとつには定まりません。それに加えて、望みどおりになる場合とならない場合があるので、他人と同じ結果になることはありえないと考えるほうが現実的です。

ロゴストロンは、願望が実現してもしなくても、それにより使用者の意識を進化させる効果があります。

ロゴストロンは望みどおりの結果が必ず現れるという装置ではないのです。

ロゴストロンによる願望実現の結果はなぜ人によって差が出るのか

ロゴストロンは意識進化のための高速学習装置なので、「ロゴストロンの効果」ではなく、「ロゴストロンによる願望実現の結果」のみを考えた場合、人によって差が出るのは当然と言えます。

ロゴストロンの効果で意識が進化する過程で願望が実現する場合もあり、しない場合もあります。

多くの人は物質の結果のみを結果だと思っています。

目先の願望が叶った叶わないで一喜一憂する階層から抜けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. MINA より:

    はじめまして!
    ザワープ3期 オンラインコースで受講します。
    もっと早くにことらのブログに出会っていたならとちょっと後悔中ですが
    大変参考になりました。
    ありがとうございます。

    • 今井有宇 より:

      はじめまして!

      2期までのワープは「私」→「公」という教え方でしたが、
      3期は最初から公ということで話が早く、より確信に近づけると思います。

      実は私も社会編の講義だけ受講したいくらいです。

      ワープ以外にも講座はありますが、大野さんの直接の講義で
      その時点の七沢研究所の最新の研究成果からシェアしていただけるのは
      ワープだけだと思います。

      社会編の講義がどんなだったか後でこっそり教えてください(笑)

      • MINA より:

        そうなんですね。返信ありがとうございます。
        2期の方も実際いらっしゃるみたいですし、魅力ある講義ということですね。
        まだ、実際には始まっていませんが、特に大野さんの講義は楽しみです。
        ロゴストロンを購入する事にも決めていますが、結果が人それぞれ過ぎて悩ましい限りです。
        公の力に自分がなれるものなのか?そして、講義をうけることにより、公のために生きる!と意識進化したいと思います。

        それでは、社会編の講義を後ほど・・・?(笑)

        • 今井有宇 より:

          もうすぐ講義開始で楽しみですね ^ ^

          最初は公と私が分離していると思います。
          「公のことをやると私のことができなくなる」みたいな感覚です。

          それが統合されてくると楽しくなります(笑)

          社会編の講義が面白いと思えたら、自然とそうなると思います。力を入れないのがポイントかもしれません。

          ワープは同じ講座を毎年やるのではなくどんどん新しくなるので
          後から入ったほうがお得ですね。

          社会編の講義よろしくです!