自修鎮魂しているのに雑念に悩まされるあなたへ

自修鎮魂しているのに雑念に悩まされるあなたへ

(Photo via morhamedufmg via VisualHunt)

せっかく自修鎮魂しているのに雑念ばかり出てきて嫌になったりしていないでしょうか?

「シャンプーが切れてた…」
「時間が経たなくて辛い」

鎮魂で雑念ばかりが出てくるのは、見るべきところが違っているだけかもしれません。

「雑念が出ました」

鎮魂ライブでは毎回、鎮魂の後で体感のシェアが行われます。

そこで発表される体感のナンバー1が「雑念が出ました」です。

鎮魂ライブに参加される方は謙虚な方が多いので、謙遜しているだけだとは思います。アンケートではしっかりと五次元の体感が書かれているようです。

しかし、あえて言葉どおりに受け取ってみますと、雑念が出るのは当たり前なので、そこばかりフォーカスしないほうがいいと思います。

雑念にフォーカスして「雑念が出て来た。ダメだ」「雑念消えろ! キエロ!」となっていると余計に雑念ばかりが見えてきます。

正式な鎮魂は29分間行いますが、鎮魂している間中、雑念のことを考えていることにもなりかねません。

雑念が出るのは当たり前として、その辺に漂わせておけばいいのです。

雑念はあるが一方で統一されている

自修鎮魂を初めて間もないころは、いつか雑念が出なくなって鎮魂による統一感が得られるように思うかもしれません。

しかし、実際に行ってみるとそうではない感じです。

具体的にどのような感じかというと、「雑念はあるけど、それはそれとして鎮魂による独特の統一感がある」という体感です。

「独特」というのは、他のことでは得られないという意味になります。

自分なりの鎮魂特有の感触がつかめるということです。

例えば、スイカの食感はスイカ独特のものだと思います。

「シャキシャキしてる」
「甘くておいしい」
「のどの渇きが癒される」

など、スイカを食べたことのある人ならよくわかるものばかりですが、スイカを一度も食べたことのない人に言ってもわかってもらえないかもしれません。

日常から鎮魂の意識を持っていると…

ミスター鎮魂こと石原政樹さんがよく仰ることのひとつに「日常から鎮魂の意識を持っていると…」というお話があります。

内容は次のようなものになります。

お店を経営している人が、クレーム客にひっかかってしまい大幅に時間を費やしてしまった。

しかし、日常から鎮魂の意識を持っていると売上につながらないクレーム対応をしていたのに、一方で大きな注文が入って売上が上がっている。

月曜から出張なので準備をしなければならないが、土日は仕事以外の自分のことをやることにした。

しかし、日常から鎮魂の意識を持っていると月曜になるといろいろなことがスムーズに決まっている。

このような現象は、鎮魂により五魂(注1)が統合されたことで奇魂(くしみたま)が発動したためだと解釈できますが、ポイントは「日常でも鎮魂の意識を持っていると」の部分だと思います。

せっかく鎮魂しているのに雑念を見ていては日常から鎮魂の意識は持てないからです。

見るのは「そっち」ではないのです。

鎮魂している時に鎮魂特有の感触がつかめていれば、鎮魂していな時に思い出すことが出来ます。

日常から鎮魂の意識を持って(思い出して)生活していると、物質の結果(注2)はともかく存在の結果は容易に得られると思います。


奇魂といえば私がロゴストロンを持ち、少し遅れてお祓いと鎮魂が日課になった今年、1996年から飲んでいた抗うつ剤と精神安定剤がいらなくなりました。

あらためて20年も薬を飲み続けていたのかと思うと何とも言えなくなります。

補足

(注1)五魂

  • 荒魂(あらみたま)
  • 和魂(にぎみたま)
  • 幸魂(さきみたま)
  • 奇魂(くしみたま)
  • 精魂(くわしみたま)

(注2)結果には次の3種類がある。

  • 存在の結果
  • 行動の結果
  • 物質の結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Michi より:

    はじめまして。
    私は現在、ロゴシスト認定講座を受講しており、先日今井さんのブログを見つけてから参考にさせていただいてます。
    知りたいことが記載されていて、本当にありがたいブログだと思います。これも立派な社会貢献ですね!ありがとうございますm(__)m
    ところで、今、ロゴスタディで学んでらっしゃるとのことですが、白川学館の「入門講義」とはどう違うのでしょうか?
    火打石での結界の張り方を知りたいのですが、白川学館で学ぶ他はないのですよね?
    お手数ですが、教えていただけませんか?
    どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m

    • 今井有宇 より:

      Michiさん、はじめまして。

      火打ちによる結界作法は、白川学館入門講義で学べます。

      また、ロゴスタディベーシックでも5回目に結界作法の動画があるので、
      結界作法だけならロゴスタディで出来るようになります。

      ■白川学館とロゴスタディの違い

      白川学館とロゴスタディの違いとしては、一番大きな違いは、各種神拝作法の伝授の有無とロゴストロンなどデジタルの学びの有無だと思います。

      各種神拝作法の伝授は白川でしか受けられません。

      ですのでロゴスタディで学んでも、正式な作法でのお祓いは出来るようにならないので注意してください。

      また、白川にデジタルは登場しませんので、ロゴストロン関連の学びはありません。

      白川学館においては、口伝で伝わったアナログな方法を学ぶことに意義があります。

      ■白川学館入門講義

      白川学館入門講義は文字通り「入門講義」ですので、
      入門の前に最低限必要なことを学ぶという感じです。

      入門講義で第七種神拝作法と第六種神拝作法の伝授を受けると初めて入門が許されます。

      入門が許されて祝殿講習に参加できるようになってからがようやく白川の始まりです。

      白川の「おみち」は神を掴む道ですが、神を掴んで「おめでとう」で終わるものでなく、
      祝殿でのご修行は時代が違えば天皇のご修行ですので、最後はイソノミヤ社会創造までが範疇のようです。

      ■ロゴスタディ

      ロゴスタディは「ロゴストロンの教習所」ですので、全てのコンテンツが「ロゴストロンを使うに当たって必要ですよ」というスタンスで作られているようです。

      お祓いも「"ロゴストロンを使うに当たって必要だから"お祓いをしましょう」というベクトルで教えている感じがします。
      白川学館もロゴスタディも別個のことを教えているわけではないので、例えば「五階層」など、どちらでも学ぶことが出来ます。

      ただ、どちらが中心かというと、それは白川学館になります。

      よろしくお願いいたします。

  2. Michi より:

    ご返信、ありがとうございます。
    とても丁寧な解説で、よく分かりました!
    ありがとうございました。

    すみません・・・上記の名前の方をニックネームに変更できませんか?

    • 今井有宇 より:

      Michiさん、こんにちは。

      ニックネームに変更させていただきました。

      私は自分で結界を打ってお祓いすることで、感情の階層が祓われる体感が強くなり、職場の人間関係がやりすごせるようになったり、切り替えが早くなったりしてとても助かっています。

      結界作法を学ばれるのはお薦めです。

  3. Michi より:

    ニックネーム変更、ありがとうございました(^^)

    そうなんですか!私も自分で結界を張れるようになりたいです!!
    ”感情の階層が祓われる”んですか!ますます結界作法を学びたくなりました。
    すぐにでも学びたいところですが、まだロゴシストにもなっていないので 当分先になりそうです・・・。
    だけど、”感情の階層が祓われた”ということが分かるというのは、かなり感覚が鋭いですよね!!私にはわからないかもしれません・・・。いつか分かるようになるのでしょうかね~(^^);

    実は、数日前に火打石を注文したんですよ(^^)v
    結界はまだ張れないですが、祓う効果もあるそうなので~。
    ところで、結界って「張る」と思ってたんですが、「打つ」が正しい言い方なんですね~。知りませんでした。

    ロゴシスト認定講座はワープと違って仲間がいないので、ちょっと心細いのですが、今井さんのブログは知りたいところが書いてあり、ほんとに有難いです!

    これからもどうぞよろしくお願いします(^^)/

    • 今井有宇 より:

      ”感情の階層が祓われた”というのは、いかにも学んでるっぽい言い方をしているわけですが(笑)、要するに仕事のストレスがずいぶん楽になったということです。

      ちなみに、ストレスで体が重い、だるい状態になると、”鬱滞が体の階層に落ちて来た”と表現します。五階層ですね。

      周囲の問題は変わっていないのですが、悪いことを考えるとそれが瞬時に祓われていくという繰り返しです。

      ストレス的なものを鬱滞情報(うったいじょうほう)という言いますが、ロゴストロンは鬱滞を吹き送るのが得意なのです。

      プラスの結果を求めるのもいいですが、毎日発生する鬱滞をどう処理していくかはとても重要だと思います。

      結界を「打つ」というのは智樹先生がそう仰っていたので真似してます(笑)

      私はワープのオンラインコースだったので、受講生同士の交流はまったくできなかったのでMichiさんと同じような境遇でしたよ。

      ロゴシスト協会のメルマガをお読みでしたら鎮魂ライブの案内があると思います。

      鎮魂ライブは参加資格などがないので、都内まで来られるようでしたら参加してみるといいと思います。

      私も家でほとんでやっていない状態で8月いきなり参加してリアル石原さんに感動しました。

      それでは、また。

  4. Michi より:

    鎮魂ライブというのがあるんですね!
    都合が合えば、ぜひ参加してみたいです。

    ミスター鎮魂こと石原さん!
    私は石原さんの講義を受けて、「やっとホンモノを見つけた!」と感じました。
    ただものじゃないですよね~(^^)

    いつか今井さんともイベントでお会いすることがあるかもしれませんね。
    その時は 今井さんのお話もリアルに聞きたいです(^^)

    ではまたコメントさせていただきますm(__)m

    • 今井有宇 より:

      石原さんはお話がとても聞きやすくてわかりやすいので私も大好きな先生です。

      認定講座が終わったらロゴシスト協会のメルマガに登録できると思いますので、ぜひリアルのイベントで場を共有しましょう。