お祓いをする理由は「ロゴストロンを使いこなすため」でもある

お祓いをする理由は「ロゴストロンを使いこなすため」でもある

和の成功法則ザ・ワープインテグラルの無料動画を少し見ました。デジタルを最大限にアピールした内容でした。

しかし、デジタルがあるのに自分でお祓いをする理由は「ロゴストロンを使いこなすため」でもあります。

お祓いを行う2つの理由についてお話しします。

空を体感するため

お祓いを行う一つ目の理由は、空を徹底的に「体感」することです。

創造はどこから起こるかというと空=五次元から起きます。四次元のカオスの状態から何かを生もうとしてもカオスはカオスしか生みません。だから祓います。祓って空に戻します。

空に戻れば現実創造は起きるのです。

空=五次元=中今=意志=神(宇宙創造意志)です。

ロゴストロンを使いこなすため

お祓いを行うもう一つの理由は「ロゴストロンを使いこなすため」です。

ロゴストロンシステムは次の図のようになっています。

  1. ユーザーがMシステムで構文作成
  2. ロゴストロンにダウンロードしてから発信
  3. ユーザーが受信

システムにユーザー自身が組み込まれている点に注意してください。

自分自身がロゴストロンシステムと一体化して受信しないと始まらないのです。

お祓いはロゴストロン周波数を受信するためのワークでもあるのです。

お祓いをせずにロゴストロンを正しく受信できていない状態は、チューニングのあってないラジオのようなものです。

アナログのワークによりロゴストロンと同調することが出来て、そこから創造が起きてきます。

ロゴシスト認定講座では「アナログのワークやってますか?」と繰り返し問いかけているようですが、なぜワープではそれをしていないのかは疑問が残ります。

体感を得られやすい能動的祓い

祓いには受動的祓いと能動的祓いがあります。

受動的祓い

  • ボーカロイド祓詞
  • ロゴストロン受信

能動的祓い

  • 祓詞奏上

空を体感するための祓いという意味では能動的祓いのほうが強い体感を得られます。

お祓いの前に結界作法を行いますが、この時点ですでに脳に体感が現れます。結界を打って奏上するお祓いは脳の体感が最も強く感じられます。

白川では「脳圧が下がる」という言い方をよくしますが、本当に脳圧が下がって一切の細かいことがどうでもよくなります。私は20代のころ浄土真宗を学んで親鸞聖人の書かれた正信偈をあげていたことがありますが、それと祓詞は全く体感が異なります。

職場の人間関係が気にならなくなるのでとても重宝しています。感情論を持ち出さなくなるので上司の評価も上がってしまいます。

最初は願望実現から入れば良い

ザ・ワープの宣伝を見ればわかるように、七沢研究所は願望実現からロゴストロンを手にすることを否定していません。

動機は何であれ、実践することで祓われるので、

  1. 願望実現
  2. 意識進化
  3. 新社会創造

という順番で意識が変わっていくのを七沢研究所グループは予め見越しているようです。

私自身、現実も創造せずにロゴストロンで何をやっているのか疑問に思う方もおられるかもしれないので少し書きますと、毎日溜まる鬱滞の吹き送りと健康維持、そして一番大事な先祖供養と2001年に自殺した母の供養になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする