僕たちは失いながら意識進化する

僕たちは失いながら意識進化する
「ロゴストロンで3日で1,700万円!」「子供の幼稚園の運動会、雨の予報だったのに園の周りだけ晴れた!」

ロゴストロンユーザの集まるところには常に素晴らしい体験談があふれています。

あなたは願望を実現させたい人ですか? それとも意識進化したい人ですか?

心の旅路

願望実現の欲求からザ・ワープに参加した人の多くが辿る心の旅路があります。

  1. 願望実現したい
  2. ザ・ワープ参加
  3. ロゴL購入
  4. ロゴLを使いこなせない
  5. ワープ終了
  6. ロゴスタディに参加
  7. ロゴLは願望実現の装置ではないと知らされる

あなたは今どの段階を歩んでいるでしょうか?

僕は第7段階からその次を模索して旅を続けています。

願望はすでに祓われました。

なぜ願望実現したいのか?

人はなぜ願望実現したいのでしょうか?

お金、地位、モノ、恋人、etc…。人は色々なものを求めます。それらが手に入ったら幸せを感じます。

願望実現したい心とは、願望が実現することで幸せになりたい心です。

僕たちは幸せになりたくて願望を実現させようと頑張っているのです。

あなたは人から見たらうまくいっていない人生を送っているかもしれません。でもあなたは幸せになろうとして頑張っているはずです。

自分のことは自分が一番よくわかっているはずです。

わかります。あなたは頑張っています。

願望実現はトリガー

願望実現は確かに幸せをもたらすトリガーです。しかし、私的な願望実現=欲を満たすことで本当の幸せになれるわけではないことを知る必要があります。

限りある人生で限りない欲を満たすことは出来ないからです。

人間の欲には限りがなく、無ければ無いで欲しい、あればあるで欲しいものです。

仏教では、赤鬼、青鬼、黒鬼が説かれていますが、青鬼は私達の欲を表しています。欲は水と同じで深ければ深いほど青く見えるからです。

願望実現という洒落た言い方で欲を満たすことを求め続ける人生は、餓鬼の人生になります。

去って行くものを追いかけると祓いが完結しない

ザ・ワープ2期の初日の講義で祓詞のボーカロイド音源が公開されました。自分でお祓いを奏上しなくてもボーカロイドを流すだけで祓いの効果が得られるという音源です。

このボーカロイドを再生した後に言霊を発すると実現しやすくなるという説明に会場は色めきました。

しかし、大野さんは次に重要なことを付け足すことを忘れませんでした。

聞き漏らした人もいるかもしれませんが、僕はよく憶えています。

(祓詞の効果により)去って行く人を無理に追いかけたり、昔の状態に戻ろうとすると、せっかくの祓いが完結しません。

そこはご自身でどうするかしっかり決めて、後悔の無いようにしてください。

意識進化のための高速学習装置

ロゴストロンは意識進化のための高速学習装置です。

ロゴストロンの効果は所有者の意識を進化させることであり、その過程で時と場合により願望が実現することもあります。つまり願望が実現しなくても想定の範囲内であり製品の不良などではないのです。

白川では「魂は磨くもの」と教えられます。神や霊は磨くことが出来ません。磨くことが出来るのは魂だけだからです。魂が磨かれると意識進化します。

ご存じのように、最も硬いダイアモンドはダイアモンドで研磨します。磨くためには摩擦が必要です。硬い石ほど硬いものでなければ磨けません。

摩擦はないほうが楽です。摩擦のない人生のほうが楽です。でもそれではあなたは磨かれません。

湯水のようにジャブジャブ願望が実現して意識進化する人はロゴストロンで願望が全て叶うでしょう。

摩擦がなければ磨かれない人は摩擦が発生するでしょう。大切な人やモノを失うことも摩擦のひとつです。

失ったことで沸き起こる様々な鬱滞(うったい)や意識の変化があります。それを整理するためには10年かかるかもしれません。場合によっては一生かけてようやく立ち直るかもしれません。

その10年かけてわかることを極めて短期間でわからせてくれるのがロゴストロンの効果です。

僕たちは失いながら意識進化します。

あなたの意識進化に必要な現実はロゴストロンが用意してくれるのです。

ザ・ワープに参加して、あなたは何を失いますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする