ロゴストロンで2時間で結果が出た森田講師に学ぶ現実創造のコツ

ロゴストロンで2時間で結果が出た森田講師に学ぶ現実創造のコツ
七沢研究所の人気講師、森田さんといえば、ロゴストロンで2時間で結果を出したことでも有名です。

そんな森田講師の事例を通して、ロゴストロンで現実創造するコツを学んでいきたいと思います。

森田講師の事例

早速ですが、森田講師の事例を紹介します。

もともと仕事を通じて七沢研究所と関わりがあった森田講師ですが、ロゴストロンを所持したところ次のようになったそうです。

  1. ロゴストロンを所持して、甲府から勤務先へ戻った。
  2. それまで人間関係は良好だったが、その日に限って社長と険悪な状態になり、そのまま退社することになった。
  3. このことをモニターとして七沢研究所に報告した。
  4. 七沢研究所の研究員になった。
  5. ここまで僅か2時間の出来事だった。

森田講師のケースでは、ロゴストロンを持って僅か2時間でこれだけの現実創造が行われました。

かねてより「ロゴストロンの仕事をしたいと思っていたけど、前職の待遇が良かったので決めかねていた」のがいきなり現実創造されてしまったのです。

森田講師に学ぶ現実創造のコツ

このように僅か2時間で結果を出した森田講師ですが、その秘訣についてはワープ2期の無料動画のコメント特典動画で森田講師ご自身が明らかにしておられます。

その秘訣はお祓いです。

森田講師はロゴストロンを使う前から毎日お祓いをしていたので、下地が整っていたのです。

「なんだそんなことか」と思った人は続けて読んでみてください(当たり前じゃんと思った人は読まなくていいと思います)。

ロゴストロンユーザーの本来あるべき姿

ロゴストロンを使うということは、言霊を発動させようとしているわけですから、本来、

  • 祓い
  • 鎮魂
  • ロゴストロン

の3つを実践することになるはずです。

しかし、お祓いと鎮魂をしていない人の場合、

  • ロゴストロン
  • ロゴストロン
  • ロゴストロン

のようになってしまっているわけです。

これで問題はないのでしょうか?

そもそもロゴストロンユーザーにとってお祓いはどういう位置づけなのでしょうか?

お祓いは五次元を安全につかむために必須

ロゴストロンユーザーにとってお祓いはどういう位置づけになるのかを、国際ロゴシスト協会理事の田名部さんからお聞きしたいと思います。

僕が(お祓いを)自分で奏上しなければならないと自覚したのは、五次元を体験したことが一番大きかったと思います。

僕はかつて、不真面目にこの学びを「つまみ食い」しているような状態でした。

それが偶然、五次元の存在をハッキリと自覚し、本当に本当に凄いことを習っていたんだと、その時深く理解しました。

と同時に、お祓いや鎮魂というものは、この五次元の境地を安全に掴むために必須であることが分かったのです。

裏を返せば、僕のように、五次元を掴んでからお祓いや鎮魂をするのは、決して安全なパスとは言えず、日頃からお祓いや鎮魂をしっかりと行いつつ、ロゴストロンでサポートを受けて意識進化して行くのが本来あるべき姿と言えるのでしょう。

(ロゴスタディのQ&Aより)

田名部さんは「つまみ食い」状態でも五次元にアクセスして言霊で現実創造してしまうくらい器が整っていた方だったようですが、このように、お祓い・鎮魂は安全に空を掴むために必要な技なのです。

表面に現れた誰にでもわかる結果だけが重要視される傾向があるようですが、ロゴストロンで大きな結果が得られた人でお祓いしていない人の話を私は聞いたことがありません。

ロゴストロン・ロゴストロン・ロゴストロン

ここまでわかった上で、

  • ロゴストロン
  • ロゴストロン
  • ロゴストロン

だけでどうにかなろうというのであれば、それはそれでいいと思います。

お祓いを全くしないで大きな結果を出したら、それはそれで七沢研究所としても注目すべき事例です。実験は大切です。

ロゴストロンを使うと反転して願望と逆のことが起こる原因

私もそうでしたが、ロゴストロンを使い始めると、反転して願望と逆のことが起こることがよくあります。

「願望実現するはずなのにどうして」と不思議に思ったり、憤ってみたりしていましたが、今になって思うと不思議でも何でもないことがよくわかります。

お祓いもしないで使うから反転するんです。

ロゴストロンは公のための装置です。その公のための装置で個人の欲望を叶えようとするから反転するんです。

「まず個人の欲を満たして、満たされたら公のことをやるから多分大丈夫だろう」という意識レベルで使うから反転するんです。

※願望が実現しないとは言っていないので誤読しないでください。
※あなたの願望が公かどうか私に聞かれても答えようがないのでご自分で考えてください。

その人にとって必要な衣食住は整ってくる

鎮魂をしていると「その人にとって必要な衣食住は整ってくる」と言われます。

ですから、必要な衣食住が足りていない人は収入が増えるのかもしれません。

しかし、すでに必要な衣食住が整っているなら、整っていたことに気付かされます。

この場合は、入ってくるお金やモノが増えるかどうかはわかりません。

ロゴストロンを購入したり、ザ・ワープを受講したり出来る人は、それだけのお金を持っていたことは間違いありません。それはおそらく生活費とは別にです。私は保険を一部解約したりしましたが、自分のことは自分が一番わかっているはずです。

ただ、ロゴストロンで願いが叶った、叶わないで一喜一憂しているのであれば、そこからは早く抜けられたほうがいいと思うだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする